派遣社員として働こう

派遣社員として働くには

正社員として働くのに疲れた、プライベートや家族との時間も重視したい、一つの会社に所属してしがらみにとらわれるよりは色々な仕事を経験してみたい等と感じる方は派遣会社で派遣社員という働き方が合っているかもしれません。派遣社員として働く場合、雇用主は実際に働く企業ではなく派遣会社となり給与も派遣会社から支払われます。派遣社員として働くにはまず派遣会社に登録をしなければなりません。派遣会社にも個性があり、ある地域の仕事を多く取り扱っていたりある分野の仕事に特化しているといったことがあります。まずはネットに掲載されている仕事を確認し、希望している条件を満たす仕事が多い派遣会社に登録すると良いでしょう。そしてその派遣会社の福利厚生や研修制度なども確認しておきましょう。登録したい派遣会社が決まったら、まずはネットでエントリーし面談の日程を決めます。面談では履歴書を提出し、コンピュータースキルや一般常識などを確認するための簡単なテストを受けます。そしてキャリアカウンセラーにどのような内容の仕事や働き方をしたいかといった要望を伝え、仕事を紹介してもらいます。受けてみたい仕事が決まれば、選考を経て実際に働く企業に職場見学に行きます。職場見学で双方が問題ないと感じれば晴れて派遣社員として働くことができます。

派遣社員のメリット

派遣会社として働くメリットはなんでしょう。私は派遣社員として働く最大の魅力は働き方を選べることだと思います。正社員で働いている場合、勤務地は選べず急に転勤になる可能性もあると思います。責任があるので大きなプロジェクトを任されれば残業続きとなってしまうこともあるでしょう。しかし、派遣社員であれば勤務地や月にどれぐらいの残業があるかを事前に確認し、自分のライフスタイルにあった職場を選ぶことができます。例えば幼い子供がいるお母さんの場合、子供との時間をできるだけ多くとるため、家の近くで残業のない仕事を選ぶことができます。その他のメリットとしては採用までの時間が短いことが挙げられると思います。正社員として働くためには書類選考、筆記試験、数回の面談という採用プロセスを経ないといけません。そして求められるスキルや経験値も高くなります。しかし、派遣社員であれば仕事の紹介から合否までが1、2週間とスピーディーです。病気や子育てなどで一旦仕事を離れてしまった人にとって正社員として採用されることは難しく、なかなか仕事が決まらないこともあるでしょう。そんなときは派遣社員として働き始めてみるのも一つの手だと思います。

派遣社員のデメリット

一般的に派遣社員は立場が弱いとされていて、その働き方にはメリットがある一方デメリットもたくさんあります。こんなはずではなかったと思わないようにデメリットもきちんと把握しておくことが大切です。まず大きいのは長期間にわたる安定、継続した雇用は約束されないということです。派遣社員の契約は多くの場合3ヶ月更新となり、働く側も企業側も更新しないという選択ができます。勤務態度によっては簡単に切られてしまいます。また自分に落ち度がなくても企業の業績によって更新されない場合もあります。かくいう私もリーマンショックの際に契約終了を言い渡されてしまったことがあります。そして悲しいことにどんなに一生懸命働いていても企業の業績が良くても派遣社員としては3年以上同じポジションで働くことができません。これは労働者派遣法により定められています。本来は3年という上限を設けることで正社員にステップアップできるための法律なのですが、実際は直接雇用には至らず辞めなくてはいけないことが多いです。またもう一つ大きなデメリットは収入が不安定ということです。若い頃は正社員と同じぐらい稼げることも多々ありますが、基本時給は上がらないので年代が上がるにつれ、正社員との給与の差は開いて行きます。また交通費、ボーナス、退職金は基本出ません。
派遣事務は30代からでも厳しくアリませんよ。未経験からでも私はチャレンジできました。
派遣事務が未経験からできるのはこちらのサイトをみていただければわかると思います。
30代後半の私ですが、未経験からでも派遣事務にチャレンジしよう!って思いましたね。
でも、学生ならムリせずにチャットレディを目指すのもオススメなんですよ。

 

まだ知らないの?学生におすすめなチャットレディ